ヨーロッパ直輸入照明
 

店休日

ペンダント〔白熱球・LED照明〕 アンティーク電球|カーボン電球|ランプ特集〔白熱球・蛍光球・LED照明〕 マーキュリー|アートワークスタジオ〔白熱球・蛍光球・LED照明〕 ブーケシリーズ|キシマ〔白熱球・LED照明〕 LaitonレイトンペンダントAW-0364|アートワークスタジオ〔白熱球・電球型蛍光灯・LED照明〕 LaitonレイトンペンダントAW-0364|アートワークスタジオ〔白熱球・電球型蛍光灯・LED照明〕

エミール・ガレ・コレクション

シャルル・マルタン・エミール・ガレ

花の様式と謳われたヨーロッパ19世紀末の芸術―アールヌーボー。
エミール・ガレ(1846-1904) はこの時代を代表するガラス工芸作家として位置づけられています。
ガレの生み出したガラスの製法や、植物や樹木、昆虫といった自然をモチーフとしたデザインは今日に受け継がれておりますが、彼の開発した技術は時の流れの中で徐々に失われて行きました。

しかしルーマニアのBuzau地方だけはまだその伝統が生きているガラス工房が存在しており、「ガレ風」のガラスいわゆる優れたレプリカ品を生み出しています。

カメオ彫りによるガレ風ガラス

3〜4色のガラス生地を重ね、耐酸性のワックスなどで文様となる部分をマスキングした上でフッ化水素と硫酸の混合液に浸け表面のガラス層を腐食させる作業を繰り返す。これにより文様を彫り出していく「カメオ彫り」という手法を用いています。

この「酸でガラスを腐食させる」という手法は、現代ではより一般的に用いられている「サンドブラスト(文様をマスキングしたうえで金剛砂を吹き付けてガラスを削る手法)」に比べてはるかに時間と手間がかかる製法ですが、これが本来のガレの手法であり、またこれでしか出せないナチュラルな仕上がりが得られます。藤文様のピンク、木蓮のブルーの部分はガラスの裏側から下地のアンバー色層を削り取ることでさらに複雑な淡い色合いを出しています。 これらのガラスは全て職人の手作りによるため、一つ一つのガラスは色合い・文様が微妙に異なります。

GALLE COLLECTIONは、このルーマニア製のガレ風ガラスとスペイン製とイタリア製の真鍮フレームを組み合わせ日本仕様の配線を施した照明器具を、従来では考えられなかった価格で提案します。インテリアに華を添え、耽美な柔らかい光で空間を包み込むこの芸術作品の数々を、是非お楽しみください。

ガレ・コレクション

ガレ・コレクション商品一覧はこちら

総真鍮製 メタルフレーム

GALLE COLLECTIONのメタルフレームはスペイン・イタリア製のものを使用しています。全て真鍮製で装飾部分には重厚な鋳物が使われています。

商品型番にメタルフレームの種類を記載しています。

DB=ダークブロンズ
AB=アンティークブロンズ
MB=マットブロンズ
FG=フレンチゴールド
MAB=マットアンティークブロンズ

  • ダークブロンズ

    ダークブロンズ

  • アンティークブロンズ

    アンティークブロンズ

  • マットブロンズ

    マットブロンズ

  • フレンチゴールド

    フレンチゴールド

  • マットアンティークブロンズ

    マットアンティークブロンズ

ガレ・コレクション商品一覧はこちら
ガレコレクション

ページ上部へ戻る